翻訳
フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近の写真

  • Dscn2096

サイト内検索

myblog Feed

2008年11月10日 (月)

紅葉

本物の紅葉とは比べようもありませんが、紅葉におしどり
の糸目友禅染タペストリーです
今日はあるかんね太宰府
「四王寺山観音めぐり」に参加しました
山の紅葉はすでに紅葉していてとてもきれいでしたよ〜smile




















黄金色に輝く木を発見

紅葉のグラデーションがみごとでした

毘沙門天近くの展望台からは玄海島や雷山も見える素晴しい眺望に感激sign01参加してよかった〜noteありがとうございました

2008年10月 8日 (水)

日本昔話の外装

立方体万華鏡<日本昔話>シリーズの外装です

正面に向いた三角の穴からのぞいてみます。の友禅染の世界、
箱の内部は繊細に、外装は大胆な意匠で意外性を狙いました

竹取物語>笹をデザイン化して、バックは3面なので円にはなりませんがおぼろ月です。本金箔を使っています。

<花咲じいさん>墨色の地色に金砂子をほどこしました。蒔絵と同じ技法です

竹、桜、とくれば<天の羽衣>は当然<松>なのですが、ちょっとはずして鶴、
鶴の頭から覗き込むデザインにしました。バックは天女が帰っていく月のイメージです。
外装の絹のなかに香りが仕込んであるので
のぞく時にほんのり香りがするようになっています。
友人が見に来ていわく、「大奥みたいsign01」だって
絢爛豪華てかsign02


2008年10月 7日 (火)

万華鏡<花咲じいさん><竹取物語>

これが花咲じいさんの内部、さくらの枝におじいさんが乗って今います。空が青くてきれいだな〜

下にはポチが・・・のぞいてみるとポチが鏡で何匹も見えちゃいます。角が見えると思うけどこれは立方体のなかのおとぎ話、子どものころ父が語って聞かせてくれたおとぎ話を小さな立方体の箱のなかに詰め込んでみました


こちらは竹取物語、パート�で前作にはなかったかぐや姫が竹の中に入っているよ

大人になったかぐや姫も何人も見えちゃうんです。まるく見えるのは月にみたてた鈴が入れてあります

なんだか不思議な世界これが「不思議アートのぞき箱」

2008年10月 6日 (月)

万華鏡<日本昔話>

夏から力を入れて制作に熱中した「ふくろうの会」の
不思議アートのぞき箱が完成sign01

日本昔話シリーズにしたかったので、三作品制作しましたsweat01仙台の奥座敷、秋保(あきう)温泉の入り口に
仙台万華鏡美術館があります。そこで開催される
「日本人作家が創る万華鏡」和の万華鏡展に出品させていただきます。http://www.iyashisekai.com 10月11日〜11月9日

まずは、<天の羽衣>(あまのはごろも)の中を御覧ください。下では鶴がさざなみの中で水浴びをしていますこのお話は日本各地にありますが、天女が水浴びをしていたとされる土地と鶴が水浴びをしているように見えたとする地域もあるようです。

上には水浴びを終えた天女たちが天に昇って行く姿が見えます
下の方の松の枝には天女の羽衣が掛かっていますshine

絵本をのぞき込むような不思議な立方体の世界を多くの方に見ていただだけると嬉しいですね
次回は「花咲じいさん」を・・・お楽しみに

2008年10月 5日 (日)

ひさしぶり〜

ブログを休んでいた間に、古都の光の灯明を並べに行ったり、政庁市民祭りに参加して、あるかんね茶屋をやったり、
高熱をだしてダウンしたり、不思議アートのぞき箱を作ったり、めっちゃ大忙しでおました〜smile遅くなりましたが
ちょっとだけご報告

大宰府の幼稚園や小学校にお願いして子ども達に絵を描いてもらったり、貼り絵をしたりしてちょっとした展覧会です。秋といえばお月見だんごにサンマもありまっせmoon3note

絵手紙教室に行っている方々にもご協力いただきました。さすがやね〜sign01

左のは4歳の子が張り紙した山本さんのお母さんのかおsign01芸術家やな〜note

自分の描いたのを探しているのかな〜sign02

大宰府のマークねじり梅の形に・・・
いい感じに出来ましたheart

みなさん、お疲れ様でしたsweat01そしてありがとうheart感謝

2008年8月17日 (日)

ソーキそば

ふくろうの会の定宿になっているますやDONQに集合
ますやどんのおかみさんがおばあちゃん、娘さん、お孫さん
親子4代で故郷の宮古島にお墓参りにいかれて、おばあちゃんが「ソーキそばをごちそうしたい!」と御呼ばれsmile
沖縄独特のソーキそば、うどんのような極太麺で豚の角煮が乗っています。スープはとってもやさしいお味でした


奥の右から2人目がおかみさん、隣がおばあちゃん、お二人ともビックリするくらいお元気sign01で本当に明るいのですsmile


近くの大宰府文化ふれあい館へ行ったら夏野菜がブリキのたらいで行水していましたsweat01

笹で作ったバッタかなsign02とっても上手に作ってありました。




この日は花火大会があったので、ふれあい館の屋上が開放されて、屋上で花火見物です。
ちょっと小さいけど、夏の夜の思い出が出来ました


2008年8月 9日 (土)

夏休み

大宰府の五条公民館で夏休みの小学生を対象にふくろうの会としては一度でするには初めての125人もののぞき箱ワークショップがありました。
左から2人目の子ども会の田中先生がバナーを書いて来てくれました。田中先生は小学校の校長先生だった方なので子ども達にお話するのがっとてもお上手なおばあちゃまです



ふくろう先生は今日も子ども達全員の作品と笑顔のスナップを撮って、お昼ごはんも食べるひまがありませんsmile



中にはおばあちゃまも参加してくれましたsmileお手伝いが忙しくて、のぞいた瞬間の笑顔が撮れなかったのですが、自分の作品をのぞいた瞬間みんなパァ〜sign01smileになるのが嬉しいですねheartshine

作った後はお母さん方手作りのお弁当をみんなで頂きましたshockまた写真撮るの忘れちゃったsign01
終わってから参道の松屋さんのお庭でカキ氷に舌鼓、はぁ〜つめたくておいしい〜sweat01

お手伝いに来てくださった、みなさまありがとう御座いますheartお陰様で無事に大勢の子どもたちの笑顔が見ることができましたsmile
後日、偶然に参加した子のお母さんが店にいらして、
お子さんが「どこに置いて寝ようか?」興奮していた様子を聞くことができました。私たちも子どもの頃枕元に置いて寝たことを思い出させてくれましたnote
感謝

2008年8月 3日 (日)

不思議の森のミュージアム

福岡アジア美術館で「おいでよ!不思議の森のミュージアム」が17日まで開催されています。
子ども文化コミュニティさんと一緒にふくろうの会もお手伝いして、美術館の中に大きな「不思議アートのぞき箱」を
いくつも作って皆さんに楽しんでいただいていますsmile
その一部をご紹介しますね
2Mくらいの箱の中はsign02sign02

ちりめんで作られたきれいな「さげもん」がいっぱい下がっています、天井と下にはLEDライトが点いています。きれいでしょ〜〜heart





こちらは1Mの立方体のぞき箱の外側です。


こちらは子ども文化コミュニティの方が作った「冬」のなかをのぞいた映像です。幻想的できれ〜いshine

こちらが「秋」私はこれが一番好きでした。実物は写真の何倍も素敵でしたよheart

2008年8月 1日 (金)

万華鏡IN仙台�

上のはお母さんの作品ですが、なかなか素敵でしょsmile
土星や木星のような惑星も見えますmoon3
私のだってきれいなんだから〜sign01note








製本テープの残りをおひげに付けて、ふくろう先生は子ども達全ての作品の写真を撮ります





白く見える絵は「ふくろう」です。今回スッタフTシャツを作って持って行きましたsmileそれを描いたんだってみんなが喜んでくれるお手伝いが出来て良かったな〜note2日間午前と午後2回づつやって本当に皆さん楽しそうでした。仙台は涼しくて気持ち良かったな〜〜note昨年の奄美に続き夏休みのワークショップ地方巡業は恒例になりそうmemo・・・
2・3日は福岡のアジア美術館でも、巨大な不思議アートのぞき箱の展示とワークショップも開かれます。みなさん遊びに来てくださ〜い

万華鏡IN仙台�

今年の夏休みは仙台の奥座敷、秋保温泉の近くにある万華鏡美術館でのぞき箱作りのワークショップを開きに、一足先にふくろう先生とミノリン先生は秋田・花巻にいってらして、仙台で私たちと合流です。心配された地震の影響もなくお元気なお二人と再会

まずはスッタフの方たちに不思議アートを覗いていただきます「わ〜〜きれ〜いsign01」の声が・・・
ミノリン先生の説明でいよいよ万華鏡つくりスタ〜トsign01

姉妹で作るぞ〜smile

真剣なこの眼差しsign01夢中になって私の世界にsmile