翻訳
フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近の写真

  • Dscn2096

サイト内検索

商品のご紹介 Feed

2016年3月18日 (金)

御朱印帳入れ・御朱印帳袋

Img_3845
ここ十年ほどの間に神社・仏閣を廻られる方が大変多くなっています。

清められた境内はどこもパワースポットとして改めて見直されたのでしょう~
多くの方々が神社を訪れるのは、古代より日本は八百万の神の国。
日本人のどこかに眠っているご先祖様から受け継いだDNAなんでしょうか、
今の時代、改めて古代から引き継いでいるの贈り物に気づいたのかもしれませんね。

困った時の神頼みと言いますが、ここ太宰府天満宮さんは言わずと知れた学問の神様。
受験の時は多くの祈願者が全国から訪れる場所です。

お宮のお膝元に蛇の目うさぎの通りがありますが、
この横丁通りは「小鳥居小路」(ことりいしょうじ)と名付けられています。
この小鳥居という名は道真公の御家来だった方の姓なのです。
この辺一帯は小鳥居家のお屋敷の跡なんだそうです。

今はお願い事のある時に限らず神社を訪れる方々が、確実に増えていますね。
清められたその場に行き、御神殿に手を合わせると、清々しい気持ちになり、
その場のエナジーも自然と受け取れます。

中でも、今は老若男女、世代を問わずに御朱印を集められる方が多い様ですnote

「御朱印帳は多くの有名神社やお寺さんで売られているけど、
大切な御朱印帳を入れる袋の良いのが中々ないんです」

とお客様からお聞きして、
お宮のお膝元でもある通りに店を構えさせていただいているのでピッタリですね・・・
ならば作りましょう~というわけで、
蛇の目うさぎの御朱印帳入れ作りがスタートしました。

おりしも、リビング福岡さんで御朱印集めの特集があり、
蛇の目うさぎの御朱印帳を入れる袋も、紹介していただきました。

「ずっと探していたんです」と何人もの方々がご来店いただいたり、
ヤフーショップからのご注文が相次ぎました。

今までは新しい金襴の生地を使い立て型でしたが、
これまた、知人からのご希望で横に入れる様に作って欲しいとの依頼があり、

いろいろ試行錯誤を繰り返しながらやっと完成致しましたsign03

蓋の部分には、わたを入れちょっとふっくらして触り心地よくnote
縦型の伝統的な金襴の和柄ばかりでなく、
若者にもアピールできるように、かわいい柄のものや、カッコイイ柄のものheart04

肩から斜めがけも出来るショルダーもオプションでご用意しました。

Img_3802

御朱印帳入れ、御朱印帳袋といえば「太宰府の蛇の目うさぎ」
と言っていただける様に、皆さまに喜んでいただける御朱印帳入れを
手作りで作って参りますconfident どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

新作の御朱印帳入れ袋をヤフーショップにUPいたしましたので、
ご興味のある方はどうぞ、ご覧下さいませconfident

http://store.shopping.yahoo.co.jp/jyanomeusagi/


Img_3809

Img_3791

Img_3798_2








 

2016年1月 1日 (金)

2016謹賀新年

Image_2


皆様、新年明けましておめでとうございますm(_ _)m 何かと忙しくしていてブログをさぼってしまう内に、 なんと新年になってしまいました~m(_ _)m facebookの「蛇の目うさぎ」はほぼ毎日更新していますので、 読者の方々には申し訳ありませんがfbをどうぞご覧くださいね〜♪

目の前の事をしている内にあっと言う間に一年が過ぎて困ります( ̄O ̄;)
やり残した事だらけ…^_^;
昨年は風輝(ふうき)のブランドを立ち上げ、
僅かづつですが、オリジナルの藍染めワンピースを制作しました。
太宰府から出土した古代タイルの図案を取り入れたり、
太宰府のウソの鳥「木うそ」を入れた太宰府らしい柄を制作しました。
木うその柄については天満宮さんの許可もいただき、 販売出来る見通しが立ったところです。
今年も生地を探しながら、古都太宰府に相応しい和柄を制作していきたいと思います。

Img_1380

10月九州国立博物館10周年記念で光のオブジェを展示出来ましたshine
昨年は山口県美弥市、今年は朝倉市でも星のぼんぼりが展示されるみたいで、
こうして光の輪が広がる事は願っても無い嬉しい事ですheart04

昨年は古都の光が雨天の為出来なかったので、
今年はあの感動を又、皆さまと一緒に味わいたいですね❣️

蛇の目うさぎも新しいステップに立てる様に頑張っていきますsign03

昨年お世話になった、お客様やスタッフに感謝すると共に、
今日から又新しいステップへ向けて
更に多くの方々に喜んでいただける様に、自分も楽しめる様に頑張るにゃん good
これからも、温かい目で見守って下さいね〜♪
相当な不束者ですが、どうぞ宜しくお引き立てくださいませm(__)m


2015年6月15日 (月)

世界に1枚のネーム入りTシャツ

Img_2349 confident後ろには梅の柄。お名に梅の字が入っているんですeye

 Img_2346_2

御家に伝わる風呂敷に珍しいローマ字のネームが入っていて、
それを柄の様にして染めてみました~sign01
言われないと名前と気づかない感じが面白いでしょ~heart04

サイズはもちろんの事。色もお似合いになる色でお染致します。
気軽に楽しめるONLYONEのTシャツgood

型は一回作れば又、風呂敷にもストールやズボンにも応用して使えますscissors
貴方も作ってみては如何でしょう~note
名前が恥ずかしい方には家紋もいいですね~note

Img_2289
今年はキッズのオーダー染Tもお受けしていますt-shirtdownwardleft

Img_2341

Img_2351_2

Img_1214
蒸し暑い梅雨の季節ですね。
どうぞ皆さま体調をこわさぬ様に~
少しでも爽やかにお過ごし下さいませconfident






 

2015年5月30日 (土)

風神のあかちょこべ

「あかちょこべ」とは博多弁で、「あかんべぇー」の事
ある時、雷神が博多の町に災いを起こそうと企み、風神を誘ったそう~
この時、風神は博多の人々はお参りを欠かさない信仰心の厚い人なので、
そんな悪巧みに加勢は出来ない「やだよ~」と
雷神にあかちょこべ~したそうです。
その様子が櫛田神社のご本殿にあかんべぇ~をした風神のレリーフがあります。

どうもその話を聞いてから、風神のかたを持ちたくなってしまいますcoldsweats01
江戸時代の屏風はいずれも、雷神が向って左上に風神が右下に描かれていますが、
今度染める時は反対にしたろう~かしらsign02
それともあかちょこべした風神を描こうかしら bleah

Img_1909
櫛田神社の北門近くに居酒屋「あかちょこべ」があります。
うどんは博多発祥だってみなさまご存知ですかup
承天寺の聖一国師が持ち帰った、うどんが始まりとされています。

そのうどんをイメージして作られた古式胚芽入りの麺に最近はまっていますgood
通常のうどんの様に白くなくて胚芽の粒が見え透明感があります。
これがのど越しが良くてもちもちした腰があり、今まで味わった事がないうどんsign01

中でもお勧めの「キーマカレーうどん」

P1000113
まずはキーマカレーと麺を混ぜて頂き・・・
次は右のエビの風味たっぷりのテンカスをトッピングして頂き・・・noodle
最後にお出汁をかけて~heart04
三度違った味わいが楽しめますgood

どうです、みなさん食べたくなったでしょ~up

私も又、食べたくなりました~lovely

櫛田神社北門斜め前「あかちょこべ」昼も夜も食べられます。





 





 

2015年5月25日 (月)

風輝Fu-ki 初めの一歩

初めの一歩目はどなたにも似合う藍染めのワンピース。
無地の服が好きな人には無地を~
他の人は着ていないようなものが好きな人には
和柄が少し入ったものを~
お勧めします。

藍染めの木綿生地に鯉が躍っている~心字池の鯉~です。
オリジナルの紺白の博多献上の帯バッグと合わせてみました。
夏にピッタリsign01Japanblueの藍色はやはり格別です。
2度製品洗いをし、出来る限りの色止めもしています。

Img_1913 
~風神雷神~

Img_1906

裾にタックが取ってあり、軽いバルーンシルエット。
スッキリと着ていただけます
オーダーで家紋なども出来ますよgood

お店の制服などにもお勧めのワンピースですheart04

Img_1075_2
お客様の好みで無地も良し、和柄も良しlovely





 

 



2015年5月16日 (土)

新ブランド~風輝~

4月のブログで蛇の目うさぎの新ブランド準備のお話をしましたが、
http://oldrabbit.blog.bbiq.jp/blog/2015/04/post-0d51.html

デザイナーを頼めないのでcoldsweats01 自分であれこれロゴマークをデザインして
勾玉形の陰陽のうさぎをデザインしました。
陰と陽のエネルギーがひとつになり、新たな創造のエネルギーが生まれる。
~風輝 Fu-ki~ 新しい創造の風になりたい思いを込めて~
太宰府にふさわしい、太宰府発信ブランドとなるように。。。

Img_1095
 ペーパータグはエネルギーの高い赤と白

Img_1647 
布タグは綿100%にこだわったので、時間が掛かりましたが、
やっと出来てきました。

オリジナルの出来たてワンピースに付けてみました

Img_1643
かわいい~coldsweats01 

まだ、よちよち歩きが始まったばかりの新ブランドですが、
どうぞ宜しくお願い致します<m(__)m>


2015年4月18日 (土)

新ブランド立ち上げ準備

 蛇の目うさぎに新ブランドを立ち上げる準備をしています。

Img_1097
新しい風子ブランドは雅号にしている風輝です。

Img_1096
ロゴマークもいろいろ描いてみて決めましたが、まだナイショ・・・coldsweats01
今布タグやペーパータグなどをを作る準備をしています。

Img_1076 
4年ほど前、横浜から蛇の目うさぎに立ち寄られたお客様が
又来て下さいましたheart04
とても可愛い~を連発してくれたので、風輝の服を試着していただきました。

この服は細い人にも私のようなふとっちょさんにも似合う服です。
年齢も若い人からご年配の方まで、どなたにもOK
シンプルで誰にでも似合う服。
ちょっとだけオシャレな服。
そして太宰府に似合う、和柄や太宰府らしい柄を考え発信して参りますgood

新ブランドといっても大きなことは出来ませんので、
少しづつ皆さんに愛される服を作って行きたいと思っています。

どうぞこれからも
蛇の目うさぎ(jyanomeusagi)を応援してくださいねconfident






2015年4月 8日 (水)

源氏香の図

 みなさん、ジーンズきものってご存知ですかsign02
まだご存知ない人がほとんどかもしれませんね。
数年前から、薄手で柔らかいジーンズ仕様の生地で作ったきのもが出ていて、
呉服屋さんなどで販売されています。
安価なのと自分で洗濯できるし、カジュアルなので気軽に着れますnote
女性ばかりでなく男性にもお勧めです。
オーダーのジーンズきものもあり、
それだとリーチの長い若者にもぴったりの寸法に出来上がりますね。

蛇の目うさぎにもオーダーのジーンズ着物に柄を付けるご注文がありました。
源氏香図といわれる香道と源氏物語から出来た伝統的な図案。

着物や帯、和装用小物、和菓子などでご存知の方も多いと思います。
私も源氏香のデザインは大好きです。

Img_0480 図案を描き、型を彫り紗張りして型の完成

Img_0504

 Img_0603

今回はシルバーを刷り込むことにしました。

Img_0633 花を手描きしていきます。

Img_0681 落ち着いた金色で枝や葉を描き

Img_0680_2 細かな部分を描いて完成ですheart04

今回使用した源氏香は、
お客様からリクエストいただいた夕顔と夕霧に
乙女・若紫・梅枝・紅葉賀・初音といった柄です。

ここで少し源氏香ってなに?という疑問について・・・簡単にご説明します。

お香の香りをかぐ、香道の組香という遊びで、
5種類の香木を焚きその香りを嗅ぎ分けて当てる楽しみ方。
5本の縦線で香を表し(系図香)
同じ香と思うものは横線で結び、できた図形を源氏物語の巻名で答えるというものです。

源氏物語の人気とデザイン性に優れている事から、
家紋に用いられたり、さまざまなものに使われているデザインです。

香道の源氏香が始まった頃にはなかったようですが、
江戸時代に大変流行し次第に源氏物語の内容から、
吉凶を占ったり季節も付けられました。

今回のご注文の夕顔と夕霧も凶でしたので、
他は全て吉の図を選びバランスを取りました。
「袖にする」とは異性の相手に冷たくすること。「袖を振る」とは別れを惜しむこと。
私なりの解釈から
「凶を振り払う」という意味で袖の柄に夕顔と夕霧の図を付けました。

もちろん、着て下さる方の幸せをお祈りして・・・confident

源氏香のご参考にご覧下さい
http://homepage2.nifty.com/ukifune/Genji/ggenjiko.htm



 

 



2015年3月29日 (日)

春ののれん

 すっかり春になり此処太宰府でも一気に桜が満開を迎えそうな勢いですcherryblossom
早くお花見に行きたくて、気持ちがワクワク~しますねheart04
みなさんはこの週末お花見行かれましたかsign02

蛇の目うさぎ入り口の暖簾を春らしく架け替えました。

Img_0499
たんぽぽ・すみれ・れんげにつくしの可愛い暖簾ですnote
春の息吹が感じられる明るい暖簾なので洋室にも掛けられます。

Img_0496 こちらは、桜の花びらを散らし、銀とピンクの箔を貼った
正絹縮緬の1点もの暖簾です。

優しいピンクの部分に店の屋号をお入れ致します。
宇野千代さんがお好きだった。薄墨桜の様ですcherryblossom

Img_0529
今が、1年で一番ワクワクする季節cherryblossom
皆さまも春のエネルギーを身体いっぱい吸収してお楽しみくださいねsun

Img_0524 
太宰府の山の手、北谷の今日のさくら。青空が気持ち良い~ですlovely

2015年3月16日 (月)

男性用ハンカチ

男性用のハンカチって似たり寄ったりのチェックとかがお決まりですが、
面白いものはなかなかないですよね。
こちらもオーダーの男性用ハンカチを染めました。

生地の地紋がペーズリーなので、さてsign02何の和柄にしようか考えた末に~
ちょっと無理やりですが・・・coldsweats01
形が似ているのと、男性にぴったりの・・・
鯉に決定sign03

Img_0305 まずは型彫りから~
前回ご覧頂いたように、これに紗を貼って完成

Img_0309
上の方にあるのが糊です。これをヘラでしごいて糊を置きます。
Img_0311こんな感じに乗りが置けたら、乾燥させて染めます。

Img_0318染めたら、糊を落とし、色止めして乾燥、アイロンを掛けて完成。
きれいに染まりました~

Img_0331 
男性用ハンカチの完成ですsign03
女性用と併せて今回70枚染めました。

お世話になた方々へ感謝をこめて贈りますconfident