翻訳
フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近の写真

  • Dscn2096

サイト内検索

太宰府のイベント「古都の光」 Feed

2016年1月 1日 (金)

2016謹賀新年

Image_2


皆様、新年明けましておめでとうございますm(_ _)m 何かと忙しくしていてブログをさぼってしまう内に、 なんと新年になってしまいました~m(_ _)m facebookの「蛇の目うさぎ」はほぼ毎日更新していますので、 読者の方々には申し訳ありませんがfbをどうぞご覧くださいね〜♪

目の前の事をしている内にあっと言う間に一年が過ぎて困ります( ̄O ̄;)
やり残した事だらけ…^_^;
昨年は風輝(ふうき)のブランドを立ち上げ、
僅かづつですが、オリジナルの藍染めワンピースを制作しました。
太宰府から出土した古代タイルの図案を取り入れたり、
太宰府のウソの鳥「木うそ」を入れた太宰府らしい柄を制作しました。
木うその柄については天満宮さんの許可もいただき、 販売出来る見通しが立ったところです。
今年も生地を探しながら、古都太宰府に相応しい和柄を制作していきたいと思います。

Img_1380

10月九州国立博物館10周年記念で光のオブジェを展示出来ましたshine
昨年は山口県美弥市、今年は朝倉市でも星のぼんぼりが展示されるみたいで、
こうして光の輪が広がる事は願っても無い嬉しい事ですheart04

昨年は古都の光が雨天の為出来なかったので、
今年はあの感動を又、皆さまと一緒に味わいたいですね❣️

蛇の目うさぎも新しいステップに立てる様に頑張っていきますsign03

昨年お世話になった、お客様やスタッフに感謝すると共に、
今日から又新しいステップへ向けて
更に多くの方々に喜んでいただける様に、自分も楽しめる様に頑張るにゃん good
これからも、温かい目で見守って下さいね〜♪
相当な不束者ですが、どうぞ宜しくお引き立てくださいませm(__)m


2014年9月25日 (木)

古都の光「政庁跡会場」2014灯明

Img_0033_2

 有志が集まって、数ヶ月に及ぶ会合を重ね
こんなに沢山の灯明が広い政庁跡に並べられましたheart04

家に持って帰って作ってくれた人、ボランティアセンターに集まってくれた人、
昼間のちょっとした時間に作ってくれた人、三十三茶屋で作ってくれた人、
筑紫野文化会館の人、筑紫野生涯学習センターパープルの人、
みんなの力が集まるとすごいですsign03 

Img_0049

内庭には「蓮の華あかり」周りに枯山水の波紋を描き
あたかも水辺に蓮が咲いているように表現してみましたshineshine

Photo_2 みんなであれこれアイディアを出し合いflair
みんなで作り上げる喜びheart04

Img_0048_2 「星のぼんぼり」は内庭外側の芝生の上にころがして、、、
「空から金平糖が降ってきた」と表現された方もいらして嬉しいかぎりですnote

9回目の今年初めてLEDライトを使う提案をしました。
初めは私自身、内庭は聖域なのでLEDを使うことにためらいもありましたが、
星の光を表現するには、オレンジ色の炎ではなく、
青白いLEDの光でなくてはとの思いがありましたし、
LEDを使っても叙情的な表現ができるはずとの強い思いもありました。

内庭の波紋の中心にはキャンドルの柔らかい光を加えて、
より自然で美しくなったと思います。

お客様の動線に関しては反省点があり、来年に活かしたいと思います。

牟田アトリエさん、ボランティア支援センターの皆さま、
参加してくださった多くの皆さまお一人お一人に感謝を捧げますm(__)m

最後のフィナーレはちょっと遊んで点滅ライトで可愛くお別れ~heart04
みなさま、また、来年お目にかかりましょう~\(^o^)/

Img_0057 



























2014年9月10日 (水)

古都の光 太宰府政庁跡

今年の政庁跡会場は今までと一味違うお話は前回させていただきましたが、

今年の目玉は「天文ハウスTOMITA」さんのご協力を得て、
移動式の6mもあるドーム型のプラネタリュームや
巨大天体望遠鏡も用意していただいて、☆の観望会を計画しています。
https://www.facebook.com/AstroShopTOMITA?fref=ts
お子さんから大人まで皆様に楽しんでいただけると思います。

今Team Seichouではこのドームの周りや政庁の内庭に並べる
☆のランタンや蓮の華作りをお手伝いしてくださる方々と
和やかな雰囲気の中、作業を進めています。

Img_0042_2
毎週火曜日の夜、
太宰府の五条にあるボランティア支援センターに集まっていますが、
昼間の空いている時間にお手伝いしてくださる方もよろしくお願い致します。

http://dazaifu-volusen.sakura.ne.jp/

この☆のランタンを教えてくださった「牟田アトリエ」さんや
「筑紫野文化会館」「筑紫野障害学習センターパープル」のご協力を得て、
太宰府だけでなく、こうして隣町の方々とも交流し広がっていく事は
とても有り難く嬉しい限りですheart04

昨夜、みんなで作業の後、
満月の政庁跡で点灯テストとお月見をしました~lovely

Photo 
井上英祐さんの写真を拝借note
9月21日皆さまどうぞ太宰府政庁跡にお越しくださいませconfident











 












2014年8月30日 (土)

太宰府古都の光

Img_0002
今年で9回目を数える「太宰府古都の光」shineが9月21日と25日に開催されますshine
どうぞ皆さま秋の夜長、静かな古都太宰府を散策においでくださいshine

太宰府中の道端や各会場が思い思いのが灯明の光で太宰府の町を照らし、
とてもロマンティックな雰囲気で素敵ですよheart04

21日は築提1350年を迎える水城跡から衣掛天神⇔文化ふれあい館⇔坂本八幡⇔
太宰府政庁跡⇔戒壇院⇔観世音寺⇔太宰府市役所⇔五条

25日は天満宮さんの千灯明を中心に
九州国立博物館⇔光明禅寺前⇔参道⇔新町⇔五条⇔金掛天満宮

私はここ数年「チーム政庁」の一員として政庁跡で灯明を並べています。

絵灯明といって紙袋に砂とキャンドルを入れたもので、
昨年は登竜門をテーマに鯉の滝登りを灯明で描き、光の柱に龍を描きましたが、
今年は光の柱がなくなった事もあり、

http://oldrabbit.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/post-8d4b.html

ガラッと赴きを変えて宇宙の☆をテーマにしてみました。
宇宙という大きな存在の中で生かされている小さな自分
世の中の様々な価値観が変容している時代、自然災害も多発し、
日本も何処に行こうとしているのか不安な日々。
特に変化の激しい流れではないかとの思いから、ここらで一度立ち止まり、
自分を見つめこれから何をしていくのか、感じたり考えるきっかけにしたいですね。

何はともあれ、輝く☆に願いを込めたり、
人は月や星を見ると自然に癒されるように出来ているのでしょう~
21日は新月から直後なので、月は残念ながら見えませんがその分
☆が綺麗に輝くでしょう~scissors

Img_0010
皆さんのお力を合わせて作る。この12面体の☆ランタンを政庁に並べますheart01

皆様方、今年もお力添えの程どうぞ宜しくお願い致しますconfident













2013年9月22日 (日)

「古都の光」本番!政庁会場風景

Img_0005
晴天に恵まれ、まずはライン引きから~

Img_0007 波頭のラインに沿って水をまいても暑さで
直ぐに乾いてしまします

Cimg0819

 初登場の木ウソの灯明は太宰府らしく、可愛かったです

Img_0023

 南門に置かれた唯さんの朱雀

Img_0028 
古代政庁の建築を彷彿とさせる光の柱に

私の描いた「あうんの龍」を貼っていただき、
二本の柱だけは一番上にも蝋燭の光を灯してくれましたgood

Img_0031

Img_0025こちらが皆さんに加勢していただき

これから紙灯明描いて行く「鯉の滝登り」のサイン灯明

 

 

Cimg0820 

実際はこんな感じに・・・。
友人のKさんが撮った写真ですが凄い数のオーヴが・・・。


今年はCADを使い46メートルにも図案を伸ばして描きましたが、やはり・・・。
目線の高さからでは良く見えません eye
残念です(T_T)


光の柱まで緩やかな雛段を作った方が良いと何名もの方からアドバイスいただきましたup
私もそれが一番きれいだと思いますlovely
せっかく協力していただいて並べても、デザインが見えないのでは・・・weep


ただ、今年は絵灯明を奥の方に配置したせいもあってか、来場者の方々が
光の柱のある奥まで皆さん足を運ばれていましたね。


「鯉が滝を登って龍になる」という伝説「登龍門」。
関係者の方々、協力してくださった皆様、お疲れさま。
ありがとうございました。confident

2013年9月20日 (金)

古都の光「龍図」

Img_0001_3 昨夜の中秋の満月は綺麗でしたねfullmoon

いよいよ明日が太宰府「古都の光」sign03

満月に感謝を捧げ、古都の光の成功を祈りましたが、

皆様は何をお願いしましたかsign02

 

Img_0001

まずは下絵のラフ・スケッチ、左側が薄くて良く見えませんねwobbly 

2ポーズであ・うんの一対にするつもりでしたが、
右側を採用してシンメトリーにしました。

Img_0023 いつも色を使う仕事ですが、
今回は墨だけで描くことにしました。

 

Img_0006_2_2

 満月に完成させたかったのですが・・・あと2割sign03

これから光らせたい箇所を

佞武多から学んだ技法で蝋を溶かし塗っていきます。

光源もロウソクの光なので、
光って見えるように~祈る気持ちです。

 

 

鯉が滝を登り龍になる・・・

龍を政庁に登らせたいという私の夢が、

こんなに早くかたちになるとは思ってもいませんでした。

蝋燭の炎揺らめく神域になりますように~

明日みなさまと太宰府政庁会場でお目にかかりましょうlovely

 

 

2013年9月13日 (金)

古都の光「鯉の滝登り」

Img_0007 

太宰府政庁跡で21日に行われる「古都の光」

鯉の滝登り「登龍門」の図案です。

ひとつずつの四角い点が紙灯明ひとつの大きさになります。

それをチーム政庁のメンバー「飛鳥社寺」さんのご協力により、

http://asukashaji.co.jp/

 

 

今年初めて

平坦な政庁で目線の高さくらいからでも、

鯉に見えるようにCADで図面を起こしていただきました。

Img_0003_2

 

奥の方の鯉も滝も

なが~~~く sign03

奥に行くにしたがい伸びています


 

Img_0002 

奥の鯉はこんな形に伸びました

横7m長さ23mで描いた図案が縦は2倍の46m~~sign03 

これで今年は来場者の方にも鯉が鯉らしく見えます様に~lovely

 

 

1mづつの升目を46m分つまり横46本ラインと

縦に7本10mづつ引くとして、35本のラインを足して

81本の線をまず引いてから絵灯明のデザインを

起こすとなるとそれだけで1日掛りになってしまいそうeye

 

灯明の数は昨年の2000個と比較すると

1200個と少ないのですが、

今年はこのライン引きとの戦いになりそうですcoldsweats01

お客様の目線から何とか見えるように

お手伝いの方々の力をお借りして頑張りますscissors

2013年9月 4日 (水)

登龍門

ちょっとブログをさぼっている内に9月になってしまいましたcoldsweats01

各地で豪雨や落雷、竜巻に地震となんだか日本列島がおかしくなっていますねsign03

みなさまの地域は大丈夫でしたででしょうかsign02

私は今、「太宰府古都の光」のことを毎日考えながら過ごしていますheart02

初めは観世音寺のお手伝いをさせていただいていましたが、

3,11からは太宰府政庁跡で灯明のデザインをさせていただいています。

初めの年は南門跡に「朱雀」

古都の光ではありませんが3・11の慰霊の時は「不死鳥」を

そして昨年は中門あたりに「青龍」を紙袋の灯明で

お手伝いしてくれた大勢の皆さんと一緒に並べることが出来ました。

今年は、鯉の滝登り「登龍門」を描く予定です。

Img_0002

政庁跡は平坦な土地なので昨年の「青龍」は

来て下さったお客様の目線からでは、

なかなかご覧になりにくかったのを踏まえて、

今年は「鯉の滝登り」の図柄が出来るだけ解るようにしたいと思っています。

一夜限りのぶっつけ本番なので、どうなるか解りませんが、

また、皆さんと一緒に全力を出したいと思いますgood

鯉が滝を登って龍になることが出来るかlovely

はたまた滝から落ちてしまうかcrying

自分が試されているような気がしています。