翻訳
フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近の写真

  • Dscn2096

サイト内検索

おでかけ Feed

2017年12月24日 (日)

雷山千如寺大悲王院 千手観音様と御朱印帳袋

雷山千如寺といえば、千手千眼観音菩薩像heart01 

お庭の大楓も有名でTVや新聞で毎年紹介される程maple

福岡市内に住んでいた頃、

雷山観音様に出逢い、こんなに素晴らしい千手観音像を

目の当たりにして感動した日。今でもその衝撃は忘れられません。

半年毎位にお参りさせていただいていました。

ふくよかで全てを包み込む様な威厳のある堂々たる千手観音様は

いつ拝見しても、と言うより、お目にかかりに伺っても

どっしりと受け止めて下さるお姿に

心が落ち着くと言われる方も多いですねshineshine

太宰府に店を出させていただいてからも雷山観音へお参りしていた人と出会ったり、

離れていてもご縁をいただいていますnote

こちらは雷大権現の招きで渡来した天竺の僧、清賀上人の開創、

一丈六尺のご本尊、千手千眼観世音菩薩 は清賀上人による白椿の一木彫りと伝えられています。

昔は現在の場所より上にあったのですが、

福岡藩主 黒田継高公が現在の大悲王院を建立されたそうです。

清賀上人より伝わる「サムハラ」さんという身代わり守りも有名です。

更に開山堂の前にある五百羅漢さん。

Img_3216

Img_3209

千如寺さんが素晴らしいのは千手千眼観音様だけでなく、

たとえ1組でも400縁の拝観料を払うと

御本堂に入れていただけ千手観音様をご開帳して太鼓を叩きながら、

お経を上げて下さる本当に有り難いお寺さんです。

特別御祈願をお願いする事も有りますが、

心のこもったお経と太鼓の響きに感動します。

未だ行かれた事の無い方は是非、足を運ばれて下さい。

今回、伺いましたのは友人から良きご縁をいただき、

蛇の目うさぎの御朱印帳入れ袋を置いていただける事になり、

唯々、

大好きな雷山千手観音様と繋がったご縁の糸に

感謝の気持ちでいっぱいですshineshine

福岡市糸島市雷山626

http://www.sennyoji.or.jp/

今日の新作御朱印帳入れは此方

Img_3122

鳥獣戯画の御朱印帳入れです。

鳥獣戯画を所有されていらっしゃる京都高山寺様も紅葉が有名です。

雷山の山や田園をウサギやカエル、猿もイノシシも駆け廻っている事でしょうね~heart01

今日は足を伸ばして昔の御堂が残る少し上の方にもにもいきました。

そこには雷山を見守る立派な御神木の杉がそびえていました。

Img_3227

全ての出来事に感謝。

2017年11月 7日 (火)

世界遺産登録、宗像大社と御朱印帳袋

先日宗像大社を訪れると世界遺産登録になったので、
ご本殿の前に大きな屋根が作られているではありませんかsign03

Img_2163 大勢の方々が来られるので御準備されているのでしょうね。
今年は何故か三度も宗像大社に行く機会をいただきました。

Img_1574 
お正月と夏と秋coldsweats01 なので今回は今まで入ったことがなかった神宝館へ

Img_2174
3階まであり、
九州国立博物館の宗像展にも出ていないお宝も拝見することが出来ます。
私は一本の木から作られた狛犬に惹かれましたsign03
女人禁制の沖の島の映像も流されていて、

昔の海賊さえも避けて通ったので、数万点にも及ぶ国宝が出たり、
全く手つかずの自然の気は素晴らしいでしょうね~
かなわぬ事ながら、やはり行って、素晴らしい自然を感じてみたくなりますeye

Img_2168
館内にあった木で作られたレリーフnote

宗像大社、来年の初詣はさぞかし凄いでしょうね。
さて、そんな宗像大社に合う御朱印帳入れはこちら、

Img_2591
濃紺の深みのある色が海の深さを
そして吉祥の彩雲が格調高さを感じさせ、
悠久の昔に想いを馳せられる様な御朱印帳袋です。
蛇の目うさぎのハンドメイド御朱印帳ケースは男女共お使いいただけます。

お求めは太宰府 蛇の目うさぎ又は下記のヤフーショップにて
https://store.shopping.yahoo.co.jp/jyanomeusagi/






2017年10月 9日 (月)

津和野の弥栄神社と御朱印帳ケース

鷺舞神事が有名な津和野にある弥栄神社神社にお参りしました。

Img_1999弥栄神社の御神木は樹齢600年以上とされる大欅(ケヤキ)

鷺舞の本元は京都の八坂神社祇園会に伝えられたもので、

京都から山口そして津和野に伝えられたとされており、

今では日本に唯一残る鷺舞となり、

貴重な無形文化遺産として高く評価され、

国指定の重要無形民俗文化財になっています。

Img_1993

Img_1994御祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)

Img_2081_2

http://tsuwano-bunka.net/cultural-property/detail_sagi-mai/

鷺舞画像は「津和野文化ポータル 弥栄神社の鷺舞」より拝借致しました。

毎年7月20日が行きの渡御、27日が帰りの還御で

決まった場所で鷺舞を見る事が出来ます。

Img_1998

ご本殿にも鷺の額やこて絵が奉納されています。

弥栄神社にお勧めの御朱印帳入れはこちら、

八角形と四角で構成された蜀江文様( しょっこうもんよう)

風水から見ても八角形は大変バランスが取れた縁起の良い図形。

八角形を小さな四角で繋いである連続模様です。

蜀江とは中国の三国時代の国のひとつ「蜀」を流れる河が「蜀江」

首都をこの河が流れこの一帯では古来よりゴールドと同じ価値があるといわれる位

豪華な貴族の正装用の絹織物である錦織が織られていました。

奈良時代に日本にもたらされ法隆寺にも当時の錦織が、

数多く伝えられていますが、その中でも蜀江錦は特に珍重された絹織物なのです。

大変格調高い柄と華やかなゴールドを使った蜀江文様の御朱印帳袋は特にお勧めです。

Img_2088

2017年10月 6日 (金)

元乃隅稲成神社と太皷谷稲成神社と御朱印帳袋の旅

Img_1941_2

岬に突き出す様に赤い鳥居が龍の様な元乃隅稲成神社

兄の希望で元乃隅稲成神社に行きました。

凄い風で突端に行くと吹き飛ばされそうになりました‼️

Img_1946

すっかり有名になった元乃隅稲成神社は龍の様に曲がりくねった鳥居が本当に印象的‼️

もう一社、稲成と表記される神社があると聞き、

津和野にある太皷谷稲成神社に足を延ばす事に、

沢山あるお稲荷さんの中で稲成と書くのはこの二社だけだそうです。

成のほうが何だか縁起が良さそうですね〜^ ^

太皷谷稲成神社は祐徳稲荷の様に丘の上に有ります。

Img_1985

Img_1984

立派な新しい社が建っていましたが、元宮も健在。

Img_1986

Img_1988

Img_1991

日本遺産になった今年12月迄の記念御朱印と通常の御朱印と二枚いただきましたheart04

お稲成さんなので油揚が沢山上がっていましたよ♫

お稲成さんといば何と言っても赤い鳥居が⛩印象的

そんな稲成神社のぴったりの御朱印帳袋はこちら

Img_2069

赤の地色に金の鳳凰と宝相華唐草文様(お花の唐草)が金運をアップしそうな、

お稲成さんの大切な御朱印帳をお守りする袋にパワー全開の赤がおすすめですheart02

2017年9月13日 (水)

三つ巴⁉︎現人神社と御朱印帳袋

友人のギャラリー・カフェが近く閉店するので、

久し振りに最後のランチを頂きに那珂川町に行きました。

裏道を通っていると急に現人神社(あらひとじんじゃ)の看板が目に入り~

此処は以前にも神楽の時に廻った事がある神社。

ナント御神紋が前回の大己貴神社と同じ三つ巴じゃ有りませんかsign03

Img_1681_2

五穀豊饒を祈り稲穂が祀られていました。

御祭神は住吉三柱之大神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)

神宮皇后、級長津彦大神、安徳天皇。

伊邪那岐命が穢れを祓う為の禊を行った時に生まれたとされる住吉三柱之大神。

Img_1685_2

神功皇后が大陸遠征する時に荒れ狂う大海原で船の舳先にお姿を

現された事から「現人神」(あらひとがみ)と称し現人神社の名前の起源になっています。

10月第三日曜日は秋祭り(おくんち)が有り、

約800年前から流鏑馬(やぶさめ)が続いています。

又境内に土俵も有り奉納相撲も神事として行われています。

Img_1682_2

さて 今日の御朱印帳入れは秋にぴったりの色合いの

御朱印帳男子にもオススメsign03

Img_1377_2

太宰府らしい梅柄の中に小菊が詰められ、霞の様に色が重なり、

能装束の様な趣きのある逸品ですheart01

2017年9月 3日 (日)

大己貴神社と御朱印帳袋

Img_1624_2

広島から友人が来て朝倉に行く機会があったので、

近くの大己貴神社(おおなむち神社)にお詣りさせていただきましたnote

筑前にあるこの神社の歴史は古く西暦200年頃とされていおり、

第14代仲哀天皇の頃と日本書紀に記されています。

神功皇后が兵が集まらずに困っていたところ、大三輪社を建立し、

太刀や矛を奉納したところ兵が集まったと記載されているそうです。

御祭神は天照大御神。大国主乃命。春日大明神。とされていますが、

Img_1626

「おおなむち」という響きに何か惹かれるものがありませんか?
実はこれ大国主乃命の別名なんです。
(私がうさぎ年のせいか大国主とはご縁があるみたいです)lovely

大国主命は大己貴命(おおなむちのみこと)
葦原醜男(あしはらのしこお) 八千矛神(やちほこのかみ) 顕国玉神(うつしくにたまのかみ)
と様々な別名を持っておられ、
日本神話の神が神格の集合体なのが分かりますね。

Img_1649

2度目の御朱印も頂きました。

家紋と同じように神社の紋章を神紋といいます。
こちらの神紋は「三つ巴」(みつともえ)
太鼓に良く描かれていますね。
神紋の中にはこのように祭事に使われた物から取ったデザインが多くあるようです。

先日作らせていただいた寿し屋さんの紋も同じ…三つ巴でしたheart04

さて、今日の御朱印帳入れはこちら

Img_1474

爽やかな風や空に秋の気配を感じる今日この頃

菊の小花が織りで描かれた格調を感じさせる華やかな御朱印帳袋。

年代を問わずにお使いいただけます。

お求めは蛇の目うさぎのヤフー・ショップから~

https://store.shopping.yahoo.co.jp/jyanomeusagi/

尚、蛇の目うさぎの御朱印帳入れは手作りの各種少数生産ですので、

お早めにお求めくださいませ。

2017年8月26日 (土)

宗像大社と御朱印帳袋

Img_8362
世界遺産に登録が決まった宗像大社
80万点にも及ぶ国宝が伝わる神秘の島、沖の島。
九州国立博物館でも沖の島の秘宝が公開され観に行きました。

何故、80万点にも及ぶ秘宝がそのまま伝わったのでしょうか?
一木一草たりとも持ち出せない厳しい戒律が今も守られている島。
女人禁制で許された者のみが海で禊(みそぎ)をしてからでないと上がれない島。

昔の海賊さえも畏怖の念を持ち避けて通ったとか・・・

NHKのテレビで拝見しましたが、
人に穢されていない原始のままの森。

余計行ってみたくなりますが、なにせ女人禁制ですから・・・coldsweats01
個人的にはあまり騒がずにそっとしておきたい気持ちがありますが・・・

と言いながら、宗像大社には数回訪れている私です。
Img_8351

Img_8352
御祭神は天照大神とスサノウの契約によって生まれたとされるお子神、宗像三女神。
(タゴリヒメノカミ)(タギツヒメノカミ)(イチキシマヒメノカミ)

宗像神社をはじめ厳島神社、宗像三女神を祀る神社の総本山です。

10月1日から3日まで、秋季大祭のみあれ祭や高宮神奈備祭があります。
夜に行われる神奈備祭も素敵でした。
流鏑馬(やぶさめ)や様々な舞の奉奏もあり行ってみたい所ですshine

http://www.munakata-taisha.or.jp/html/autumn.html

さて、今日お勧めの御朱印帳入れは宗像三女神のイメージで選びました。

Img_1438
唐草文様に愛らしい小花がちりばめられている淡い藤色の御朱印帳袋。

唐草文様といえば和風総本家のワンちゃん豆助を思い出す方も、
いらっしゃると思いますが、

唐草文様は古代ギリシャの神殿にある円柱に見られる草の文様が原型とされています。
唐草の生命力から繁栄の象徴とされ、
吉祥文様(お目出度い良いことの印)とされるようになりました。

その中でも、あたかも花のような唐草文様の事を、
宝相華文(ほうそうげもん)と呼びます。

宗像三女神を思い、優しい藤色に愛らしい小花の御朱印帳入れで
どうぞ、世界遺産の宗像大社にお出かけ下さいheart02


https://store.shopping.yahoo.co.jp/jyanomeusagi/

2017年8月13日 (日)

佐嘉神社と御朱印帳袋

佐賀市にある歴史民俗館の旧古賀家で10月1日一日だけ、
蛇の目うさぎの展示会を開く事に致しました。
お近くの皆様どうぞお出かけ下さいね。

Img_1396

Img_1391
そこで、申し込みに佐賀迄行ってきました。
佐賀市は私の母方のルーツがあった所なんです。
道祖元(さやもと)という地名でお城の近くです。
私自身は全く知らないのですが、
この年になると自分のルーツが知りたくなります。

そこで、先ずは地元の神社にご挨拶に伺いました。
佐嘉神社というお城の隣にある立派な神社です。

Img_1398

Img_1401

Img_1405
この佐嘉神社の御祭神は第10第 佐賀藩主 大納言鍋島直正命。
大きな神社で八社詣りの出来る神社になっています。
その中で、興味を惹かれたのは、八番社の松原梛木社(なぎのきしゃ)

今年行った南阿蘇にある、熊野宮の御神木 凪(なぎ)の木と同じ
なぎの木は縦にしか繊維が通ってないので横には裂けないのです。
なので、良縁結びや商売繁盛を願う人々から御利益があるとされています。

阿蘇熊野宮から、なぎの木のご縁を頂いたようです。

Img_1420
佐賀といえば、高価な帯地の佐賀錦が有名ですね。
佐賀錦ってお菓子だと思っていた人もいらっしゃるのでは。。。
今日の御朱印帳袋はそんな佐賀錦風の帯から作った

Img_1381 
オレンジ色の錦(にしき)地に菊や鳳凰、蝶などが織出された
上品で優しい色合いの逸品です。
こちらは、希少な帯の部分により柄の出かたが違ってくるレアな商品です。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/jyanomeusagi/






2015年5月30日 (土)

風神のあかちょこべ

「あかちょこべ」とは博多弁で、「あかんべぇー」の事
ある時、雷神が博多の町に災いを起こそうと企み、風神を誘ったそう~
この時、風神は博多の人々はお参りを欠かさない信仰心の厚い人なので、
そんな悪巧みに加勢は出来ない「やだよ~」と
雷神にあかちょこべ~したそうです。
その様子が櫛田神社のご本殿にあかんべぇ~をした風神のレリーフがあります。

どうもその話を聞いてから、風神のかたを持ちたくなってしまいますcoldsweats01
江戸時代の屏風はいずれも、雷神が向って左上に風神が右下に描かれていますが、
今度染める時は反対にしたろう~かしらsign02
それともあかちょこべした風神を描こうかしら bleah

Img_1909
櫛田神社の北門近くに居酒屋「あかちょこべ」があります。
うどんは博多発祥だってみなさまご存知ですかup
承天寺の聖一国師が持ち帰った、うどんが始まりとされています。

そのうどんをイメージして作られた古式胚芽入りの麺に最近はまっていますgood
通常のうどんの様に白くなくて胚芽の粒が見え透明感があります。
これがのど越しが良くてもちもちした腰があり、今まで味わった事がないうどんsign01

中でもお勧めの「キーマカレーうどん」

P1000113
まずはキーマカレーと麺を混ぜて頂き・・・
次は右のエビの風味たっぷりのテンカスをトッピングして頂き・・・noodle
最後にお出汁をかけて~heart04
三度違った味わいが楽しめますgood

どうです、みなさん食べたくなったでしょ~up

私も又、食べたくなりました~lovely

櫛田神社北門斜め前「あかちょこべ」昼も夜も食べられます。





 





 

2014年8月30日 (土)

太宰府古都の光

Img_0002
今年で9回目を数える「太宰府古都の光」shineが9月21日と25日に開催されますshine
どうぞ皆さま秋の夜長、静かな古都太宰府を散策においでくださいshine

太宰府中の道端や各会場が思い思いのが灯明の光で太宰府の町を照らし、
とてもロマンティックな雰囲気で素敵ですよheart04

21日は築提1350年を迎える水城跡から衣掛天神⇔文化ふれあい館⇔坂本八幡⇔
太宰府政庁跡⇔戒壇院⇔観世音寺⇔太宰府市役所⇔五条

25日は天満宮さんの千灯明を中心に
九州国立博物館⇔光明禅寺前⇔参道⇔新町⇔五条⇔金掛天満宮

私はここ数年「チーム政庁」の一員として政庁跡で灯明を並べています。

絵灯明といって紙袋に砂とキャンドルを入れたもので、
昨年は登竜門をテーマに鯉の滝登りを灯明で描き、光の柱に龍を描きましたが、
今年は光の柱がなくなった事もあり、

http://oldrabbit.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/post-8d4b.html

ガラッと赴きを変えて宇宙の☆をテーマにしてみました。
宇宙という大きな存在の中で生かされている小さな自分
世の中の様々な価値観が変容している時代、自然災害も多発し、
日本も何処に行こうとしているのか不安な日々。
特に変化の激しい流れではないかとの思いから、ここらで一度立ち止まり、
自分を見つめこれから何をしていくのか、感じたり考えるきっかけにしたいですね。

何はともあれ、輝く☆に願いを込めたり、
人は月や星を見ると自然に癒されるように出来ているのでしょう~
21日は新月から直後なので、月は残念ながら見えませんがその分
☆が綺麗に輝くでしょう~scissors

Img_0010
皆さんのお力を合わせて作る。この12面体の☆ランタンを政庁に並べますheart01

皆様方、今年もお力添えの程どうぞ宜しくお願い致しますconfident