翻訳
フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近の写真

  • Dscn2096

サイト内検索

« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月13日 (水)

三つ巴⁉︎現人神社と御朱印帳袋

友人のギャラリー・カフェが近く閉店するので、

久し振りに最後のランチを頂きに那珂川町に行きました。

裏道を通っていると急に現人神社(あらひとじんじゃ)の看板が目に入り~

此処は以前にも神楽の時に廻った事がある神社。

ナント御神紋が前回の大己貴神社と同じ三つ巴じゃ有りませんかsign03

Img_1681_2

五穀豊饒を祈り稲穂が祀られていました。

御祭神は住吉三柱之大神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)

神宮皇后、級長津彦大神、安徳天皇。

伊邪那岐命が穢れを祓う為の禊を行った時に生まれたとされる住吉三柱之大神。

Img_1685_2

神功皇后が大陸遠征する時に荒れ狂う大海原で船の舳先にお姿を

現された事から「現人神」(あらひとがみ)と称し現人神社の名前の起源になっています。

10月第三日曜日は秋祭り(おくんち)が有り、

約800年前から流鏑馬(やぶさめ)が続いています。

又境内に土俵も有り奉納相撲も神事として行われています。

Img_1682_2

さて 今日の御朱印帳入れは秋にぴったりの色合いの

御朱印帳男子にもオススメsign03

Img_1377_2

太宰府らしい梅柄の中に小菊が詰められ、霞の様に色が重なり、

能装束の様な趣きのある逸品ですheart01

2017年9月 3日 (日)

大己貴神社と御朱印帳袋

Img_1624_2

広島から友人が来て朝倉に行く機会があったので、

近くの大己貴神社(おおなむち神社)にお詣りさせていただきましたnote

筑前にあるこの神社の歴史は古く西暦200年頃とされていおり、

第14代仲哀天皇の頃と日本書紀に記されています。

神功皇后が兵が集まらずに困っていたところ、大三輪社を建立し、

太刀や矛を奉納したところ兵が集まったと記載されているそうです。

御祭神は天照大御神。大国主乃命。春日大明神。とされていますが、

Img_1626

「おおなむち」という響きに何か惹かれるものがありませんか?
実はこれ大国主乃命の別名なんです。
(私がうさぎ年のせいか大国主とはご縁があるみたいです)lovely

大国主命は大己貴命(おおなむちのみこと)
葦原醜男(あしはらのしこお) 八千矛神(やちほこのかみ) 顕国玉神(うつしくにたまのかみ)
と様々な別名を持っておられ、
日本神話の神が神格の集合体なのが分かりますね。

Img_1649

2度目の御朱印も頂きました。

家紋と同じように神社の紋章を神紋といいます。
こちらの神紋は「三つ巴」(みつともえ)
太鼓に良く描かれていますね。
神紋の中にはこのように祭事に使われた物から取ったデザインが多くあるようです。

先日作らせていただいた寿し屋さんの紋も同じ…三つ巴でしたheart04

さて、今日の御朱印帳入れはこちら

Img_1474

爽やかな風や空に秋の気配を感じる今日この頃

菊の小花が織りで描かれた格調を感じさせる華やかな御朱印帳袋。

年代を問わずにお使いいただけます。

お求めは蛇の目うさぎのヤフー・ショップから~

https://store.shopping.yahoo.co.jp/jyanomeusagi/

尚、蛇の目うさぎの御朱印帳入れは手作りの各種少数生産ですので、

お早めにお求めくださいませ。