翻訳
フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近の写真

  • Dscn2096

サイト内検索

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月16日 (火)

日本刺繍と母の思い出♪

Img_3268
今日は母の一周忌なのでチョット母についてお話しますね。

写真は母が若い頃に刺繍したもの。

淡いクリーム色の繻子の帯にパッチし、好きで良く締めていたので、
子ども心に覚えています。

繊細で光沢のある絹糸の美しさは子どもの私にとっても魅力的でした。

ずっと後になって知りましたが、
母は婦人雑誌に出られていた刺繍の先生のところに尋ねて行き、
外弟子になったようです。
母が20歳の頃に父をなくし、それまではお嬢さんだったのが、
弟や祖母の生活を支える為に働いていましたので内弟子にはなれなかったのでしょう。


その先生のお名前も今となっては分かりませんが、
ご自分で糸から染めて、ヨリを掛けて刺繍糸にする立派な先生だっだようです。

私の知っている晩年の母からは想像もつかない、そんな行動力があったのかと驚きます。


Img_3269_2

繻子の帯はだいぶ痛んでいたので刺繍の部分だけを外し、
袋物にでも付けるつもりです。

若い頃は母を嫌っていて、
母の様にだけはなるまいと心に誓っていたのに、、、

どんどん、どうしようもなく母に似てくる私coldsweats01
やっと自分を受け入れる事が出来てきました(笑)
親子ってそんなものですね~

父も母も器用な人だったので、その器用さを受け継いだ私がいます。
それが私の大きな宝物となりました。

10年の介護で仲良し時間を持てた事に心から感謝しています。
ありがとう~heart04


今日の天満宮さん。飛び梅もご覧の通り咲いています。
もうじき春本番温かくなりますねcherryblossom

Img_3272