翻訳
フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近の写真

  • Dscn2096

サイト内検索

« 友禅染めで描くおひなさま・前編 | メイン | 友禅染めひなタぺストリー 前編 »

2014年2月13日 (木)

友禅染めで描くおひなさま・後編

前回のブログはこちら↓ ↓
「友禅染めで描くおひなさま・前編」
http://oldrabbit.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/post-bc0a.html


それから、手描きで染料を友禅(彩色)していきます。

Img_0001_9

色挿しができたら、蒸気で1時間ほど蒸して、生地に染料を定着させます。
「ふぅ~、ここまでできました」。


時々「糸目友禅染めと本友禅染めは何が違うのですか?」
と質問を受けるのですが、2つとも同じものなんです。
名前が違うと、違うもののように聞こえますよね。


さぁ、台座の部分にプレゼント先の家紋である「丸に下がり藤」を入れて
顔料で細やかな部分を描き込みします。
さらに、檜扇や冠に金箔を貼れば、友禅雛の完成です。

Img_0008_2

 

Img_0003_4 

ご成長されてからも、末永く飾っていただけますように~。
壁がけなので、置く場所も選ばずに壁に掛けていただけます。

Img_0001_6_2



お着物を着る機会が減り、
ご自分の家の家紋を知っている若い方が少なくなっています。


家紋のデザインはどのお宅にもある素晴らしい日本の伝統文化なので、
各ご家庭の家紋もこの機会に調べていただけると嬉しいです。


どうぞ、次の世代に家紋も引き継いでくださいね。












トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395272/32091261

友禅染めで描くおひなさま・後編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿